5.モジュールを作成する


商品を陳列するモジュールを作成します。

(1)記事用パーツデザイン作成
モジュールを作成する前に、モジュールの中の商品1コマに相当するデザイン(記事用パーツデザイン)を作成しておきます。

パーツを作る>記事用パーツデザイン設定 を選択します。
パーツカテゴリ名・・・(3)全商品
パーツ名・・・     (6)商品明細(全商品)
を選択します。※パーツを選択するということは、データソースを選択するという意味になります。
[新規]ボタンを押します。


全商品の「ポータル用ミニ」というデザインをコピーして使おうと思います。
[参照入力]ボタンを押します。


サブウィンドウにて、
・データベース・・・現行DB
・パーツカテゴリ名・・・(3)全商品
・パーツ名・・・(6)商品明細(全商品)
を選択し、表の中からコピー元とする「ポータル用ミニ」の修正アイコンをクリックします。


すると、デザインが読み込まれます。

デザイン名を、分かり易く「【電子タバコ】ポータル用ミニ」と書き替えます。
レイアウトの中の数値は、このままにしておきます。


次に、デザイン編集部(FCKEditor)にて、左上「ソース」をクリックし、ソース表示に切り替えます。
 

ほとんどこのまま使えるのですが、明細ページへのリンクにあるフォルダを、articleからarticle3に変更する場所が2個所(画像と商品名)ありますので、そこを変更します。


変更し終えたら[更新]ボタンを押して登録します。


(2)モジュールカテゴリの追加
モジュール作成前に、他のサイトのモジュールと区別する為にモジュールカテゴリを作成しておきます。
環境設定・保守>マスタ保守 を選択し、「モジュールカテゴリマスタ」の修正アイコンをクリックします。


マスタデータに「電子タバコ」と入力し、[追加]ボタンを押します。


※マスタデータは区別する為の語句ですから、お好きな文字を入力してください。
※モジュールカテゴリの追加は任意です。追加しなくても構いません。


(3)モジュール作成
モジュールを作る>モジュール設定 を選択します。
モジュールカテゴリ名の中から、先程マスタデータを追加した「電子タバコ」を選択します。


「電子タバコ」の中にはモジュールがまだ登録されていないので、新規入力状態になります。
以下の情報を設定します。

・モジュール名・・・電子タバコ
・表示件数・・・24
→ 「【電子タバコ】ポータル用ミニ」のコマが横に6個並ぶので、4行になります。
・枠幅・・・780
→ メインブロックの幅いっぱいの大きさです。
・検索窓
あり
タイトル文字・・・商品検索(電子タバコ内)
タイトル文字色
・・・#222
→ 少し淡い黒です。
枠幅・・・400
検索部タイプ・・・横
抽出条件・・・モジュール抽出条件+検索条件
→ 電子タバコの範囲内で検索結果を表示させます


[更新]ボタンを押します。

表示パーツとして
・パーツカテゴリ名・・・(3)全商品


・パーツ名・・・(6)商品明細(全商品)
→ この設定により、表示する記事(データソース)をどれにするかを決定しています。


・パーツデザイン名・・・(8)【電子タバコ】ポータル用ミニ
→ この設定により、どのデザインを通して1コマを表示するのかを決定しています。


選択したら[確定]ボタンを押します。

・検索キーワード・・・電子タバコ
→ この設定により、モジュールを表示した時に、はじめから「電子タバコ」で検索された結果が表示されます。URLでパラメータとして指定する時と違って、検索窓にキーワードは表示されません。
・検索対象項目・・・商品名とタグにチェック

・表示条件は特に指定しません。上記「検索キーワード」で十分な結果が得られるからです。
・表示順序・・・商品IDに「1」、降順にチェックします。
→ 商品IDを降順で表示させることにより、新しい商品から順に陳列されることになります。


ここまで設定したら、[更新→デザイン設定へ]ボタンを押します。

既存の「(31)00お奨め商品(トップページ用)」のモジュールデザインから、ソースをコピーして流用しましょう。※参照入力機能はありませんので、手動でコピーしてきてください。

ソースにして貼りつけます。


> お奨め商品 という表記部分をカットします。


[$$$number]という部分には、抽出件数が表示されます。
[$$$module]という部分には、モジュール本体が表示されます。

それ以外はそのまま使えますので、[更新]ボタンを押して登録します。
トップへ戻る

Copyright © 2010 Ompookan Inc. All rights reserved