HOME


トップページに商品を並べる方法が分からない



まず、モジュールという機能をご理解ください。
トップページに商品を陳列しているのは、モジュールという機能を使っています。

モジュールとは、

記事(『雷神』の場合は、商品)を、指定した条件で抽出し、それを指定した件数だけ、指定した表示順序で、指定した記事(商品)デザインで並べる、というものです。

では、トップページに商品を表示するモジュールを見てみましょう。

モジュールを作る>モジュール設定> (1)全商品 を選択すると、下記の表が表示されます。



ここに表示されているのが、各ページごとに陳列されているカテゴリ別のモジュールになります。
この中で、一番最後の「(31)00お奨め商品(トップページ用)」がトップページに商品を陳列しているモジュールになります。

このモジュールの一番左、修正アイコンをクリックします。




ここで、モジュール全体の枠幅や上下の隙間などを設定します。

表示件数ですが、初期状態は24件になっています。
これは、1頁に表示する件数になります。抽出結果が24件を超える場合には、上下にページャ(ページ切り替えの為のページ番号や、前後矢印の表示)が自動的に表示されます。

検索窓という部分には、このモジュールに属した検索を実施させる検索窓をつけるかどうかと、その内容を設定します。
ここで重要なのは、抽出条件です。

「モジュール抽出条件+検索条件」とした場合には、検索する時に、この次のページで設定する抽出条件を併せて抽出します。
「検索条件のみ」とした場合には、ここで入力した検索条件だけで検索・抽出します。

ちょっと分かりづらいと思いますので、詳しく説明します。

例えば、モジュールが「フード・ドリンク」のモジュールだとすると、モジュール自体の抽出条件が、カテゴリが「フード・ドリンク」になっている商品だけをピックアップしてページに陳列するのですが、その中で、「モジュール抽出条件+検索条件」が設定されていたとして、検索窓で「肉」と入力して検索を実行すると、「フード・ドリンク」の中で「肉」を抽出してくる訳です。ここをもう一方の「検索条件のみ」とすると、商品全体の中から「肉」という語句を含む商品を全て抽出してくるのです。

さて、「(31)00お奨め商品(トップページ用)」というモジュールに話を戻します。

このモジュールは、トップページに商品を陳列させる為のもので、どのカテゴリにも属さない商品を表示するので、ここでは「検索条件のみ」を選択しておきます。

ここで、特に修正をしないのであれば、「更新」ボタンを押してください。
すると、モジュールの「表示条件」と「表示順序」の設定画面になります。




この画面で、商品を抽出する条件と、それを表示する順序について設定します。

【表示条件】
まず表示条件を見てみましょう。
ピックアップ(トップページ)という項目がチェックされ、その条件が 1~999 となっています。
これは、商品データには「ピックアップ(トップページ)」という数値3桁の項目が予め設定してあり、ここに1~999の数字が入力されている商品が表示されるという意味になります。

ですから、「記事入力」で商品データを読み込み、この「ピックアップ(トップページ)」に3桁以内の数値を入力していただければ、その商品がトップページに表示されるという訳です。

次に、その下「在庫情報」にも条件が設定してあります。
ここで、表示条件としては、「<!--在庫あり-->」~「<!--在庫あり-->」という条件になっておりますが、これは、「在庫チェッカー」という機能を利用して、在庫チェックを実施した際に、在庫があった商品については、在庫情報という項目にこの「<!--在庫あり-->」というデータを記録していきます。
そのデータを条件として、在庫がある商品だけを抽出するという意味になる訳です。

ですが、条件を設定しても、その左側の「適用」というチェックボックスにチェックをしていないと、この条件は適用されません。

【表示順序】
各項目の一番右に、表示順序を設定する個所があります。
上の画面では「ピックアップ(トップページ)」が「1」と「昇順」が選択されています。
つまり、表示順序の優先1としてこの項目が選択され、昇順、つまり小さい順に表示される様に設定されています。

ですから、「ピックアップ(トップページ)」に1と入力された商品が先に表示されるということになります。例えば、「推奨販売価格」に「2」と「降順」が同時に設定されていれば、「ピックアップ(トップページ)」に同じ1が設定された商品が2個あった場合には、「推奨販売価格」が高い方が先に表示されるという意味になります。


この様に、記事(商品)を抽出する条件と表示順序をうまく組み合わせて、モジュールを調整してください。

では次に、商品データの「ピックアップ(トップページ)」に数字を入れて、このモジュールに表示させてみましょう。

まず、陳列したWebページから、トップページに表示したい商品を選択します。
例として、「フローリング用お掃除ロボット『モッピー(MOPPY)』 ホワイト」を選択します。
商品名である「フローリング用お掃除ロボット『モッピー(MOPPY)』 ホワイト」を画面からドラッグしてコピーします。





『雷神』に戻り、
記事入力・保守>記事入力> (3)全商品 を選択します。




上記でコピーした商品名を入力して「読込」ボタンを押します。



1件だけ抽出されてきました。一番左の修正アイコンを押します。





8番目の項目「ピックアップ(トップページ)」に1を入力し、更新ボタンを押します。

Webでトップページを再表示させてみてください。上記商品が表示されているはずです。
もし表示されなかったら、モジュールの表示条件、あるいは商品に入力したはずの数字をもう一度見直してみてください。

Copyright © 2010 Ompookan Inc. All rights reserved